ワキガの予防や対策は?気になるいやな臭いを解決したい!脇汗対策まとめ

ずいぶん前、NHKテレビの「あさイチ」で有働アナの「脇汗」が話題になったことがありますが、覚えていますか?普通なら、テレビで脇汗が映ったら、恥ずかしいですが、有働アナはあっけらかんとしていましたね。

でも、一般の私たちは、そうはできません。服のシミも嫌ですし、ベタベタした感じも、ニオイも恥ずかしいです。

女性の脇汗対策のすべてをご説明しましょう。

脇汗が臭うのはなぜ?

暑い夏や、運動の後、汗で服がベッタリするのは、不快ですよね?ニオイも気になります。

どうして、脇汗は臭うのでしょう?

ヒトには、2種類の汗腺、アポクリン汗腺とエクリン汗腺があります。

脇の下には、アポクリン汗腺とエクリン汗腺の両方があります。脇汗は、他の部位の汗に比べて、酸っぱいようなニオイがしますよね?

その原因は、エクリン汗腺からの汗にあります。一般的に、エクリン汗腺からの汗は、99%が水分で、微量のナトリウムやカルシウムを含んでいます。もともとは無臭です。

ところが、精神的ストレスや、過度なスポーツや疲労などによる肉体的ストレスなどで、血行が悪くなると、血液中に乳酸が増えます。同時に、汗の中にも乳酸が増えます。

乳酸が増えた汗は、酸っぱいニオイがします。脇汗が、なんだか酸っぱいニオイがするのは、汗の中の乳酸のせいだったんですね。

かいた汗が皮膚や衣服につくと・・・

脇の下の皮膚の皮脂に乳酸を多く含んだ汗がつくと、皮膚の上に常にいる雑菌が汗を分解します。この時に、酸っぱいニオイを発生させます。

さらに、衣服にも臭いやすい服とそうでない服があります。どんな服が要注意かというと、

  • 1年以上着ている服
  • 着用頻度が高い服
  • 化学繊維の服

が臭いニオイが際立ちます。

あなたのワードローブの中にも、その服を着るとなんだか汗臭くて、気分が滅入る服ってありませんか?これらの服は、ちゃんと洗濯しているはずなのに、臭います。コットンやリネンなど天然素材の服ではあまり起きません。

化学繊維の場合、繊維の表面にニオイの元になるたんぱく質が張り付きやすいからです。

脇汗とワキガは違うのか?

ワキガって、顔をそむけたくなるような独特のニオイがしますよね?自分の脇汗が臭ったら、「ひょっとして私って、ワキガ?」と不安になるかもしれません。

でも、ワキガと脇汗のにおいは根本的に違うのです。ワキガは、酸っぱいニオイではなく、

独特の強烈なニオイです。

ワキガは、「腋臭症」といいます。欧米人には多く、日本人は比較的少ないといわれています。欧米人はあまりワキガを気にしていないようですが、日本ではワキガが少数派ゆえに余計気にするようです。

脇汗にはどう対処すればいいのでしょう?

衣服にシミとなって目立ったり、臭ったり、脇汗は不快です。どう対処すれば、脇汗を解決できるのでしょうか?

「私はケアしているのに、臭うのはなぜ?」という方もおられるかもしれません。

脇汗対策の一番のキモは、精神を安定させる、リラックスさせることです。

というのは、緊張やストレスにさらされると、手や脇がジットリ汗ばみますよね?

発汗には、精神状態が大きく関わっているのです。精神状態が不安的な時は、交感神経が刺激されます。それで、汗がドッと噴き出すのです。緊張のあまり、汗が噴き出した経験は誰にでもあるでしょう?

精神状態による汗は、手、足、脇、顔、頭に出ます。顔が汗まみれ、脇から汗がツーっと流れるなどという状態です。

この時の汗には、たんぱく質や脂質が含まれているので、ひどいニオイで、ベタベタします。

脇汗をかかないためには、精神的に落ち着いている、安定していることが大切です。

普段から適度の運動を心がけましょう!

一般的に汗はなぜ出るのでしょう?上がりすぎた体温を下げる体温調節の役目があります。普段から体を動かして、汗をかく練習をしておくことが大切です。運動不足が続くと、汗をかく働きが弱くなります。

いつもの暮らしに、ウォーキングなどの適度な運動を取り入れると、脇汗対策に効果があります。

食事が偏っていませんか?

脇汗対策のためには、バランスの良い食事を摂ることが大切です。

日本人の食生活が欧米化して久しいですが、肉食中心の欧米化は、いろんなトラブルを引き起こしています。

その一つが、汗の問題です。脂質の多い食事は、汗をかきやすくなります。おまけに、かいた汗が臭うのです。

同様に、カフェインや刺激物の摂りすぎも要注意です。

やはり、日本人には、和食があっています。バランスのいい和食は、日本人の体質にあっています。

特に、昔から日本人がよく食べてきた大豆は、汗対策にとてもいいです。大豆イソフラボンは、発汗を抑制し、ニオイを抑えます。工夫して、大豆製品を食べましょう。

制汗剤も効果的に使おう!

脇汗を軽減するためのいろんな方法を見てきました。そのうえで、制汗剤を使うことは、効果が期待できます。

ただ、制汗剤、デオドラントアイテムにはいろんな種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。種類と特徴を見てみましょう。

スプレータイプ

「シュっと一ふき」というCMがありました。昔から制汗剤と言えば、このタイプが人気でした。このタイプには、霧状に出るタイプとウォータータイプがあります。

デオシーク

デオシーク(スプレー以外も様々なタイプがあります)

ロールオンタイプ

外出前などにつけておくと、効果が持続します。手を汚さず使えるのもポイント高いです。

汗と臭いがピタッ!【AHCセンシティブ】1週間持続する驚きの制汗剤



 スティックタイプ

これも塗りやすいですし、効果も持続します。ただ、スティックの先端を清潔に保つよう、気を付けましょう。

 クリームタイプ

クリームが皮膚にしっかりつくので、汗やニオイを抑えるのに効果的です。ただ、塗った直後は、脇がべたべたして気持ち悪いですし、服にもつきやすいです。また、手も汚れます。

ハイネス

まったく新しいわきが対策【ハイネス】

いろんな種類の制汗剤、デオドラントアイテムがありますが、あなたの好みのタイプを選びましょう。無香料からいろんな香りのものもありますから、TPOに応じて使い分けましょう。

まとめ

熱い夏、蒸し蒸しする梅雨には、脇の汗が気になります。原因と対策を詳しくご説明しました。参考になりましたか?

今や、日本人全体が、ニオイにとても敏感です。周りに不快感を与えないよう、自分が恥ずかしい思いをしないよう、脇汗対策を行いましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加